玉ねぎの効果は生で食べるのがおすすめ?高い効果を得るには

玉ねぎは血液をサラサラにする効果があり、健康食としても
よく知られていますが加熱調理するよりも生のまま食べたほうが
良いのか気になりませんか?
もっと玉ねぎの効果を高める食べ方についてリサーチしてみました。

■玉ねぎを食べるなら「生」「加熱」どっちがおすすめ?

玉ねぎには健康に良い栄養素がたっぷり。健康のためになるべく
食べるようにしている!という方は多いですよね。
テレビでも毎日玉ねぎを食べると良いと良く言われています。

でも、食べるなら生のままと加熱したのではどちらのほうが
効果が高いとか、あるのでしょうか?
もし食べ方で変わるのだとしたら効果の高い食べ方で取り入れたいですよね。

血液をサラサラにする効果があると言われるもとになっている
成分は「硫化アリル」という成分。
血液の流れがスムーズになるので高血圧、心臓疾患、脳梗塞などの
病気を予防するのに効果を期待できます。

「硫化アリル」は脂肪豊富で高カロリーな食事を食べる現代人は
積極的に補いたい玉ねぎの代表的な成分。
血液の掃除、脂質を下げる、糖分を下げるなど体の中をクリーンにする
効果があるので、毎日食べると体の中をいつでも綺麗に維持できます。

どんな調理法でも硫化アリルは損なわれず、効果を落とすことがないので
玉ねぎを生で食べても加熱してもどちらでもOK!
自分が好きな食べ方で玉ねぎを食事に取り入れていきましょう。

また、他にもビタミンが含まれていますが、玉ねぎに含まれるビタミンの
量は他の野菜と比べて少なく、ビタミンを期待して食べるような
野菜とは言えません。

ビタミンの摂取をするなら玉ねぎから摂取するのではなく、他の
ビタミン豊富な野菜で摂取するようにすると良いでしょう。
玉ねぎは玉ねぎの魅力的な栄養があるので、そちらを摂取することを
考えて食べましょう。

■玉ねぎを生で食べる場合はビタミンも補える

玉ねぎは他の野菜と比べると含有量は少ないものの、ビタミン類や
ミネラルも含まれています。
ビタミンC、ビタミンB、葉酸などの水溶性ビタミンが玉ねぎの代表的なビタミン類。生で食べるとこれら栄養素の効果が得られます。

加熱すると壊れる為、生で食べないと効果がなくなってしまうので要注意。
玉ねぎからビタミンも摂取したいと考えているなら生で食べないと効果は
ほとんどないでしょう。

硫化アリルもビタミンもまるごと玉ねぎの栄養素が欲しいなら、生のまま
サラダにしたり、生で食べる調理法にする必要があります。

玉ねぎを生のまま食べる場合、スライスした玉ねぎを水にさらして
しまうとせっかくの栄養素が水の中に溶けてしまい、食べるときには
栄養素のほとんど含まれない玉ねぎになってしまいます。
もしスライス玉ねぎを食べるなら、水にさらさないようにしましょう。

でもそれでは辛くて食べられない…という方!
実は玉ねぎの辛みを抜くには水にさらさなくて良いんです。
スライスした後に1時間ほど放置すれば栄養はそのままに、辛みだけ抜けていくんですよ。

水にさらすという調理法は一般的になっているので、放置するだけで
良いなんてちょっと意外に思うかもしれませんね。
玉ねぎの栄養を無駄にせずに摂取できるので、これからは切った後は
放置して辛みを抜く方法を試してみてください。

※ビタミンは壊れやすいですが、その他のケルセチンや硫化アリル、
カリウムは加熱しても問題がないので加熱すると全ての成分が無意味に
なってしまうことはありません。

 

No Comments Categories: Uncategorized

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です